家計管理のアイディア

財布を分けて家計簿いらず

財布

家計簿をつけ始めたけど、やっぱり自分は家計簿やっていくのにあまり向いてない、もうやめたい。 なんて思う方もいらっしゃるかと思います。
そこで、そういった方のために、家計簿いらずの家計管理方法について以下で説明していきましょう。

家計の管理をしていると、だいたい自分がどういったことに幾らつかっているかが見えてくるかと思われます。
そこで、食費で8万円、娯楽にかかる費用が4万円、光熱費にかかるお金が2万5000円などなど。 こんな感じで、自分たちがどれくらいお金を使っているかがわかってくると思われます。

そこで、いくつかの財布をまず用意しましょう、ここでは3つの財布を用意します。 そして、この3つの財布をそれぞれ「食費用財布」「娯楽費用財布」「光熱費用財布」として使っていくのです。

毎月1日に上記の例の様に、食費用財布には8万円、娯楽費用財布には4万円、光熱費用財布には25,000円を入れておきます。不安な方は少しだけ余分なお金を入れてもいいです。 食材の買い物をした時には「食費用財布」から支払います。
家族で水族館に行った時は「娯楽費用財布」から支払います(外食も含めましょう)。 月々の光熱費も引き落としではなく、「光熱費用財布」を持ってコンビニなどで支払いましょう。

このようにしていれば、月末に財布の中にお金が残っていれば黒字ということが一目瞭然となります。 逆にお金が足りなくなった時は補充しなければなりませんが、その金額が赤字分ということがすぐにわかります。
このように、それぞれの費用ごとに財布を用意すれば、あと幾らで赤字になってしまうかといったことがすぐにわかるのです。

この方法でしたら家計簿で細かく計算などしなくても、黒字を保とうという意識が働くのです。
ただ、2〜3ヶ月のデータが無ければ始められませんので、いずれにしろ家計簿はつけてみましょう。 それが面倒臭いと思い始めた方は以上のような財布を分けていくという方法を実践してみましょう!

家計管理のアイディア

↑ PAGE TOP