家計管理のアイディア

自分らしい家計簿を見つけよう

ニコニコハート

家計簿というと、母親が難しい顔をして「今月も赤字か…」なんて呟いているイメージをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 昭和のアニメのお母さんがつけている家計簿でしたら、そんなイメージでも間違っていないでしょう。
しかし、現在では様々な種類の家計簿があり、楽しく付けていくような家計簿もたくさんあるのです。 やはり、続けていくのでしたら楽しくないと続けられないと思われます。

そこで、こちらでは自分らしい家計簿の作り方を紹介し、皆様が楽しく家計簿をつけていく手助けができればと思います。

・まずは簡単な家計簿でも構わない

家計簿というとややこしいイメージがあって嫌っているという方が大半ではないでしょうか。 確かに、収入や支出を細かく毎日のように計算していくのは面倒です。
さらにクレジットカードでの支出や税金の計算なんかも記録していくのはややこしいといえるでしょう。

ややこしい家計簿が嫌なのでしたら、まずは簡単な家計簿をつけていくとよろしいでしょう。 一番簡単なのは、その日自分がいくら使ったか、つまり支出額の計算です。
ただ、レシートを買い物するたびに貰って、電卓で地道にやることを嫌う方も多いかもしれません。 そういった方にオススメなのは、まずは一ヶ月間、自分がよく買う商品一品の支出を計算してみるのです。

例えば、ジュースを買う方は、そのジュースの支出合計額をまずは計算していくのです。
ジュースを買うたびに、携帯のメモ帳なんかに「150円 ◯月◯日」なんてメモしておきましょう。 暑い夏とかですと、1日に2本以上買う方もいらっしゃるかもしれません。
そして、月末にその支出額を見てみましょう、中には「9,000円超えてるの?!」なんてびっくりする方もいらっしゃるかもしれません。 このように、自分がいかに支出しているかについて気づくと、家計簿に対する考え方も変わってきますので、まずは簡単な家計簿をつけてみましょう。

・手書きかパソコンかスマホか

手書きで行うような従来からの家計簿。
パソコンでフリーソフトやエクセルなどで作成する家計簿。
スマホの無料アプリで管理していく家計簿。
どれが良くて、どれが悪いというわけではありません。 ただ、続けていくのでしたら、自分に向いたものにしないと継続していくことができませんので、自分に向いた家計簿を見つけましょう。

・日記のような家計簿

家計簿もただ数字を書いておくのではなく、その日1日なにがあったかなどを書いておくと自分らしさが出てきます。 また、毎日の支出を見ながら「今月はいい調子!」とか「今日はちょっと反省かな?」なんて感じで、簡単な日記みたいに続けていくといいでしょう。
記も本来継続するものですから、日記と家計簿は相性がいいのです。

とにかくまずは始めてみれば自分らしい家計簿がどういったものかがイメージしやすくなります。 上記のような感じで、まずは家計簿を始めてみましょう。

家計管理のアイディア

↑ PAGE TOP